べにふうきで国産有機紅茶・有機緑茶、お茶の石鹸を製造・販売しています。

有機無農薬で育てた茶葉”べにふうき”を使用し、手作りお茶商品を製造・販売しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
葉月の素の淹れ方の一例
1500ccの水の中に茶葉5gを入れ、火をつけ、沸騰してから弱火で5分程度沸かす(煮出す)。
熱いままでも冷たくても効果は変わりません。煮出し終わった後、適量の生姜を入れると、効果が上がります。

飲み方の一例
メチル化カテキンは腸で吸収し効果を発揮します。
目安として、1日500cc程度を、少量を回数を分けて飲むことをお勧めします。
お薬ではありませんので、ご自分に一番合った飲み方を見つけてみて下さい。

*出がらしにはまだ、メチル化カテキンが残っています。
もう一度少量の水で煮出し、冷ましてうがい水やお口のすすぎにご利用う下さい。

今日は松坂でのイベントに出店させていただいていました。
たくさんの方に、緑茶”葉月の素”をお買い上げいただき、本当にありがとうございました。
最後には上記の、淹れ方、飲み方の一例のリーフレットが足りなくなり、ご迷惑をおかけして、本当に申し訳ありません。
これからも松坂には出店していきたいと思っていますので、二の楽を見つけられましたら、ぜひお寄り下さい。
お待ちしています。

お知らせ
明日から4日間、東京でのイベントです。
この間、発送業務や、お問い合わせのお返事が出来ません。
13日月曜日から順次お返事させていただきます。
申し訳ありませんが、ご了承下さい。
スポンサーサイト
このページのトップへ
今年は花粉の飛翔が少ないとの予報、少しホッとしています。
”べにふうき”に含まれているメチル化カテキンは、腸で吸収して効果を発揮します。
一度にたくさん飲むよりは、少量を回数を分けて飲まれることをお薦めします。
また、空腹時に飲まれるほうが吸収が良いので効果が上がると思われます。
お薬ではなくただのお茶なので、飲み続けていただいても副作用の心配がありません。
個人としては十分な”べにふうき”を持っていますので、品切れの可能性はほとんどありません。
(二の楽は”べにふうき”しか育てていません。しかも有機無農薬)
安心してご注文し続けて下さい このページのトップへ
ひと月経つのは早いものです。ブログを書くのはどうも苦手で、いつも自分のブログにコマーシャルが現れて、あわてて次を考える、と言うパターンに陥っています。確か前に1週間に一度位は更新していきます、なーんて書いた記憶が・・・。これからはせめてコマーシャルが出ないうちに更新していきたいものです(します、と書かないところがミソです)。
さて、今はまだやはり緑茶の事を。まだまだ花粉は収まりそうにありませんが、雨が降る日はやや少ないような気がします。最近外でマスクをされている方を多くお見かけするようになりました。インフルエンザ予防、花粉症対策に加えて最近では中国からの黄砂対策も。マスクをするとどうも息苦しくて、酸素不足に陥りそうな気がするのは私だけかな。おかげさまで(なんの?)鼻水だけは止まっているのですが、今年は目の痒みが昨年よりきついような。まだもう少し花粉は飛びそうなので、もう一度飲み方の一例を。
いつも1から1.5リットルのお水に5g程度の茶葉と書いていますが、花粉が多い時は濃く、少なくなってきたら薄く、と思っていただいても結構です。水から茶葉を入れ沸騰させ、沸騰してから弱火で5分程度煮出す(”べにふうき”を研究しておられる方の記事を読むと、高温で加熱することでより効果が上がると書いてあります)。すりおろしたひとかけらくらいの生姜の絞り汁を入れると、より効果が上がるとも。出来ることならお薬は使いたくないものです。お出かけの時にも、ペットボトルなどに入れて持っていってください。ただ一つ、飲みすぎるとトイレが近くなるかも・・・ご注意を。 このページのトップへ
実はこのブログの一つ前にお鼻ムズムズに関するブログをアップしようとしたのですが、薬事法の関係であらゆる言葉が引っかかってしまい、店主にダメダシをいただきました。なので”べにふうき”に関しては、二の楽ホームページのトップページ”独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 野菜茶業研究所の各種情報へ”をクリックしていただくとして、今回は飲み方の一方法を。
二の楽の”葉月の素”約5gを1から1.5リットルのお水から沸騰させ、沸騰してから弱火で5分程度煮出して下さい。、熱いままでも冷たくしてもオーケー。約500cc程度を一日分として。先ほどの1から1.5リットルも、一日500cc程度もすべて目安です。自分にはこれが一番、を見つけて下さい。たかがお茶、されどお茶、一見(一服)の価値あるんじゃないでしょうか。ぜひ試してみて下さい。 このページのトップへ
秋の”べにふうき”はカテキンが豊富に含まれており、花粉症には一番向くとされています。二の楽も割合を多くして緑茶を作りました。いまだに誤解されている方もおられますが、紅茶にするとまったく効果はありません。私事ですが、実は私も長年に渡り花粉症に悩まされてきたのですが、この一年ほとんど症状が出ませんでした。体質や症状にもよるでしょうが、花粉症でお困りの方、一度お試し下さい。早い方は、2~30分で鼻がすっきりし始めると言われています。インターネットやファクスでもご購入いただけますが、出店情報に掲載しているイベントで試飲していただけるので、ぜひ覘いて見て下さい。お待ちしております。 このページのトップへ

FC2Ad

Information

茶工房 二の楽
  • Author: 茶工房 二の楽

Search

Calendar

04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

プロフィール

茶工房 二の楽

Author:茶工房 二の楽

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。